本サイトはティーパワーズのオフィシャルサイトです。
成人向けのコンテンツを含みますので
18歳未満の方はアクセスできません。

COLUMN コラム詳細

2021.11.30

怖いけど…知りたい! AV業界で働く女優と男優の性病検査の実態

AVの撮影ではセックスやオーラルセックスによる粘膜接触が欠かせないため、性感染症(性病)のリスクが付き物だと思われがちですが、撮影時には決められた検査項目を期限内に受けることが義務づけられています。そして撮影当日には女優と男優が全て陰性と表示された検査表を見せ合うので、ほぼクリアな状態で撮影を開始するのです。

業界御用達の性感染症検査には割引価格が用意され、あなたをお待ちしております

性感染症検索で利用される予防会渋谷クリニック
では実際に、どんなクリニックでどんな検査をするのでしょうか? マネージャーに聞きました。
「都内在住の女優なら、ほぼ「医療法人社団 予防会 新宿クリニック」か「渋谷クリニック」で行います。ここは池袋、川崎、横浜、福岡にも同系列のクリニックがあり、ティーパワーズとも提携しています。撮影時に必要な9項目の検査(膣クラミジア・淋菌、喉クラミジア・淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、ヘルペス、コンジローマ)の検査は提携割引価格で行えます」

しかも検査結果はネットやスマホから確認できるシステムが導入され、とても便利。ただし撮影現場ではこのクリニックで発行される検査表が必要なので、速報的に外からスマホなどで結果を確認できるものの、検査表を取りに行くか郵送してもらう必要があります。

また、検査は撮影前ならどのタイミングでも良いのでしょうか? 実は違うみたいです。
「女優も男優も撮影日から30日以内の検査表を見せ合う決まりがあります。ここで何かしらの項目に陽性と出ている検査表を持って現場に現れる男優はほぼ皆無です。なぜなら検査時に陽性が出た段階でその日の撮影のメーカーに連絡を入れる義務があるからです。女優の場合は撮影の日にちを後ろにずらすか、別の代替え女優に切り替えるかなどで撮影が実行されるケースもあります」
検査結果が陰性で喜んでいる女性


基本的には現場では性病検査の結果が陰性だった女優と男優がコンドームを装着しての撮影になるので、感染症対策としては八割がた安心だと言えます。残り2割は何かというと…? あるベテラン男優が言います。

「実は以前、僕が現場で絡んだ女優がその後の性病検査で梅毒だったことが判明したことがあったんです。すぐさま検査を受けて陰性でしたが、潜伏期間もあるので3カ月間くらいほぼ休業状態。その間に依頼して下さるメーカーさんには事情を話し、それでも良いって言って下さるメーカーや女優さんとは仕事ができる状況でした。そして3ヶ月後に再び検査をした時は全て陰性でしたので、ほっと胸を撫で下ろしました」

このように、性感染症には潜伏期間があるので対策面で言えば2割ほどの不安要素はあるとは言えます。しかし感染者が発覚した場合は男優も女優も過去の現場を遡り感染が周知されるので、その共演者達は100%検査することになるので、感染拡大が起きにくい業界であるとも言えます。

コロナ禍で増加傾向にある性感染症、梅毒、コンジローマ、性器ヘルペス

医師に性感染症についてインタビュー
最後に、「予防会」と同じようにAV業界だけでなく風俗嬢の方の利用者も多く抱え、予防会の提携医療機関でもある「医療法人社団 医精会 マイシティクリニック」の平澤精一先生に、昨今、増加傾向にある性感染症について聞きました。
「年末の性感染症学会で、コロナ禍のこの一年間の公的な性感染症動向データの結果が公表される予定ですが、あくまでも当院及び提携施設での検査結果や受診患者からみると、あいかわらずクラミジア感染症が最も多いですね。その他の感染症は例年並みです。数年前にピークを迎えた梅毒の増加傾向も続いています。当院の場合、尖圭コンジローマと性器ヘルペスの受診者も増加傾向です」

梅毒やコンジローマは、なぜ増加傾向にあるのでしょう?
「梅毒、尖圭コンジローマ、性器ヘルペスはいずれもコンドームでは確実に防げない性感染症です。個人的にはその点が当院での受診者数が多い原因と考えています。特に、梅毒は症状が出ても一過性で消失したり無症状のことも多いのが問題です」

これら性感染症にならないためにはどんな意識が大事でしょうか?
「新しいパートナーができたり、不特定多数の性交渉があった場合は定期的な検査が欠かせません。とくに梅毒の検査結果の解釈は単純ではないので、検査結果で不明な点は必ず専門家に相談して下さい」

男性も女性もどちらもパートナーのためにも、そしてそれ以外のみんなのためにも、お互いが検査する気持ちを忘れないことが大事なようです。

CONTACT/ENTRY

24時間365日対応中!