本サイトはティーパワーズのオフィシャルサイトです。
成人向けのコンテンツを含みますので
18歳未満の方はアクセスできません。

COLUMN コラム詳細

  • トップ
  • コラム一覧
  • ティーパワーズの代表女優、波多野結衣と篠田ゆうが激論「私たちが10年続いたワケ」
2021.11.11

ティーパワーズの代表女優、波多野結衣と篠田ゆうが激論「私たちが10年続いたワケ」

女優歴13年目でアジアでの人気もあることから“世界のハタノ”の異名も持つ波多野結衣と、長く安定した人気の女優歴11年目の篠田ゆう。昨今では新人デビューしても撮影の依頼が入らず1年も続かない場合もあるAV業界において、10年以上も不動の人気を保つことは並大抵のことではありません。そんなふたりに、長く人気でいるためのコツや工夫について熱く語ってもらいました。

「デビュー当時は毎日辞めたいと思ってた!」そんなふたりが、なぜ続けられた?

デビュー当時は辞めたいと思っていた波多野結衣と篠田ゆう
篠田 はたちゃん(波多野結衣)はデビューした時、10年以上続けるなんて思ってた? 私はぶっちゃけ最初の1年くらいまでは撮影が終わるたびに次こそやめよう、次こそやめようと思ってた(笑)。

波多野 私もだよ(笑)。

篠田 そうなんだ(笑)。なんで?

波多野 デビュー当時はまだ彼氏と付き合ってて、バレたくなくていつもヒヤヒヤしてたんです。だから早く辞めたいって思ってた。

篠田 そうなんだ、私はとにかく撮影が恥ずかしすぎて、それに上手くできてるかどうかのプレッシャーがすごくて、とにかく辛かった!

私たちが続けられたワケは「撮影を楽しいと思えるようになってから」

撮影が楽しいと思えるようになってきた波多野結衣と篠田ゆう
波多野 でも、辞めたいって思いながらなんで続けてたんだろう? 私たち(笑)。

篠田 うーん、やっぱり楽しいと思えるようになってきたからかな?

波多野 だよね。それはわかる。心の底から楽しいと思えるまでは2年くらいはかかったかな。それについに彼氏にAVがバレて、色々と文句も言われたけど“どうせAVに出るんだったら一番になってほしかった”って言われて、やる気が出たんですよ(笑)。

篠田 えー、その彼氏。めちゃいいヤツだね。火をつけてくれたね!

女優が長く続けるために重要なマネージャーという存在

マネージャーの重要性について話す波多野結衣
波多野 火をつけてくれたってことで言うと、その当時も今も見てくれてるマネージャーの存在も大きかったな。一番忙しかった時に「今がんばらないでいつ頑張るんだ」って言ってくれて。当時は「このドSマネージャーめ」と思ってたけど、やっぱりマネージャーがいたから私はここまで続けてこられた。

篠田 確かにマネージャーの存在って大事だよね。マネージャーは私達、女優からしたら、お仕事をとってきてくれるだけでなく、日々のやりとりの中で励まされたり慰められたり、支えてもらってるなって思いますね。

波多野 うん。頑張るも頑張らないも女優次第だけどマネージャーの支えは大きいね。

篠田 大きいよ。ティーパワーズのマネージャーは、どんな人でも本音を色々と言えるところがいいですね。それにマネージャー側も私達に本気で挑んできてくれてるって思えるところもいいです。

波多野 そうそう。それで彼氏とマネージャーの存在によって “やったる!”と思って、パブリシティを全開にして(週刊誌などの掲載に許可を出すなどの宣伝範囲)Twitterも発信するようになったんです。波多野結衣、覚醒の瞬間です。

篠田 その後、すっごいハイペースで撮影してたよね。

波多野 撮影も多い月で25本とか入ったし“売れるために頑張ろう”と思えるようになったんですよ。

人に認められることがAVを続けられる原動力

AVを続けられる原動力について話す波多野結衣と篠田ゆう
篠田 すごいなあ。私ははたちゃんみたいに追い込むことはできないし、売れたいという高い志もないんだよね(笑)。私はというと、とにかく自分の心身ともに無理なく挑めるペースを掴むことが大事だった。プレッシャーに弱いから、詰め込むとか無理なんだよね。

波多野 そういうペースは人それぞれだからね。やっぱり1ヶ月に20本も出るより、1本1本丁寧に作品に出る心構えして気持ちの準備してって方が、色々とこだわって出られるし精神衛生上もいいしね。

篠田 そうだね。そうやって心構えしてから撮影に挑んだ時に、現場で“今のシーンはとてもエロかった”とかって認められたり、ファンから“あの作品のここが好き”とか褒められることで、徐々にやりがいを感じられて、そのあたりから楽しいと思えるようになった。

波多野 とってもよくわかるよ、それ。やっぱりさ、人に認められたり喜ばれたりすることが一番嬉しいし励みになるよね。もっと認められ喜ばれたいっていうのが原動力になる。これはどんな仕事であれ感じるやりがいってやつだと思うんだけど。このやりがいがあるからここまで続けてこられたよね。

篠田 そうだね。それにはやっぱりTwitterでのファンとのやり取りは大きいよね。日頃、励ましのツイートくれたりすると頑張ろうって思えるし。

波多野 うん。最初は自分が有名になるためにって気持ちで頑張ってたけど、そのうちファンを喜ばせたいからって思いに変わったし。

「とりあえず結婚するまで頑張ります⁉︎」10年女優達の密かな願い

結婚するまでAV女優を続けると語る波多野結衣と篠田ゆう
篠田 それはともかくですよ。私もこの7月で30歳になってしまって、愕然としてるんですよ(笑)。改めてこの歳まで女優を続けているとは、と。

波多野 ほんとだよね。私なんて33歳だよ(笑)!

篠田 ぶっちゃけ、はたちゃんは何歳までAV続けるの?

波多野 本音を言えばさすがにもう結婚したい、なんて(笑)。でも相手もいないので引き続き皆さんに愛される波多野結衣として頑張っていきたいですね。ゆうちゃんは?

篠田 まあ私もいつだって結婚したいですよ(笑)。でも、はたちゃんと同じように相手がいないし、まだまだ頑張りたいと思ってます。

波多野 もはや何歳まで頑張るとかはないですね。でも、これからAVを始めようと思う方にお伝えしたいのは「彼氏に内緒でAVに出るのはやめましょう」ということですね(笑)。

篠田 えー、なんで? はたちゃんの彼氏、良いこと言ってたじゃん。

波多野 だっていつバレるかドキドキしながら仕事してるのって心臓に良くないから。だからって「AV女優になろと思うんだけど」って彼女から言われて「いいよ!」と言ってくれる彼氏も少ないと思うから、彼氏がいるなら別れてからの方が良いです(笑)。

篠田 そうね、それかAV女優になってから出会った男性には「私、AV女優だけど」って伝えて、そこに理解ある男性と付き合うべきだと思いますね。

波多野 とりあえず結婚相手が見つかるまで、まだまだ頑張ります。もちろん見つからなくても頑張ります(笑)!

篠田 私もー!

CONTACT/ENTRY

24時間365日対応中!