本サイトはティーパワーズのオフィシャルサイトです。
成人向けのコンテンツを含みますので
18歳未満の方はアクセスできません。

COLUMN コラム詳細

2021.11.05

生理の時の撮影ってどうするの? AV撮影は多い日でも安心です!

AV女優が撮影前や撮影日に生理になってしまったらどうするのか? 撮影日と生理日をズラしてスケジューリングすることはできるの? そもそも生理痛がとっても酷くて撮影どころではない時はどうしたら? そんなあらゆる生理と撮影の気になることについて、現役女優の皆さんに伺いました。

ティーパワーズ女優10人に聞きました! ”生理中の気になることアレコレ”

生理時の撮影について語るAV女優

Q1
撮影日に生理になってしまった場合、どう対応してくれるの?

A1
「基本的には被らないようにスケジュールは調整しますが、始まる時期が早まってしまった時は“海綿(スポンジ系)”をあそこに詰めて対応します」(女優歴3年)

(ティーパワーズ編集部より注釈)”海綿”は天然素材のものがほとんどで、膣内に入れたりお肌に付着しても刺激を与えることはありません。
AV女優さんが生理になった時のアイテム「海綿」

「共演相手の男優さんに撮影前に“今日、生理です”って伝えます。男優さんはプロなので、なるべく強くピストンしないようにと気遣って下さいます」(女優歴10年)

「“海綿”を自分で入れるのが厳しい場合は男優さんやスタッフさんに入れていただくこともあります」(女優歴1年)

●というわけで、もし撮影前日や直前に「うわ〜、生理になっちゃった!」って状況になったとしても、血が映像に映り込まないようなアイテム“海綿”を使って対応できるし、男優さんやスタッフさんが手を貸してくれるので、全くもって心配無用なのです。

Q2
生理痛がキツい…眠い…! そんな生理の不調を感じたら、どう対応してくれるの?

A2
「生理痛が軽い時は鎮痛剤を飲んで乗り越えますが、生理痛が重い時は無理せず男優さんやスタッフさんに相談して負担を減らすよう撮影内容を変更してもらうこともあります」(女優歴9年)


「生理周期の時は過剰に睡眠欲がすごいので(笑)、エナジードリンクを飲んで眠気を飛ばして元気をチャージして気合と集中で乗り切ります!(笑)」(女優歴1年)

「男優さんに奥は突かないで下さいって伝えます。こういう時の男優さんってすごくて、奥を激しく突いているように見えるけど、実は当事者の体感的にはとっても優しい…って演出ができるところです。世の男性は見習ってほしい(笑)」(女優歴3年)


●どうしても痛い、眠い…生理痛の辛さは人により様々で本人にしかわからないものですよね。そんな時は無理せずスタッフやマネージャーに声をかけてみて下さい。良い作品に仕上げるために、少し休憩を取った後に撮影再開など、いろんな対策を練ってくれますから。


Q3
そもそも生理周期が撮影に被らないように、どう対応してくれるの?

A3
「まず生理周期に撮影が被らないようにするには自分で周期を把握することが大事なので、生理予測アプリ『ルナルナ』を使っています。生理予定日に撮影が入りそうな時は、出血の多い1日目や2日目は撮影が組まれないようにし、出血の少ない3日目や4日目なら予定を入れてしまうことがほとんどです」(女優歴2年)
撮影と被らないようにするための生理予測アプリ「ルナルナ」

「月の周期を事務所のマネージャーさんにありのまま伝えてます。“この日は撮影大丈夫?”と聞かれて生理のタイミングがぶつかりそうだったら“◯日に変更できますか?”と聞き返すこともあります。生理周期にもろ被りで撮影内容がハードだったら受けないけど、ソフトな感じなら受けようかとか、自分で調整する感じです」(女優歴3年)

「デビューして間もない頃は生理周期のことを気にしていましたが、撮影にも慣れてくると周期のことは気にならなくなります。それに月に10本以上撮影していると、どうしても生理周期は被ります。なので前もって周期をマネージャーさんやスタッフさんに伝えるとか、なるべく周期からずらして撮影を入れるとかはしません。撮影日にスタジオに到着したら、スタッフさんに“生理です”って伝えます。逆にスタッフさんから“今日生理?”って聞いて下さることもあります」(女優歴12年)

●基本的に生理の日でも撮影は問題なくできます。撮影現場は生理による体調不良への配慮もある環境です。とはいえ生理周期と撮影は被りたくない…そんな時は自分で周期を把握したり、事前に撮影日の変更の相談をしてみたりと、いろんな対策も練られるのでご安心下さい。


ベテラン男優さんに聞く”生理時の女優さんにはこんな感じで気遣ってます”

AV女優さんが生理の時の対応について語るAV男優

それでは最後に、男優歴20年以上の男優さんに、女優さんが生理だった時、どんな気遣いをしているかについても聞きました。

――女優さんが生理だった時に、男優が一番気を使うのはどんなことでしょうか?

「生理痛の痛みは人それぞれなので、子宮が下がってきて奥が痛くなってる場合は浅くピストンするようにします。メンタル的な気遣いももちろん重要で、生理を嫌がってる風の素振りは絶対に見せないし、汚いとか面倒くさいって思ってないという雰囲気も伝わるようにしています」

――例えば生理の血が映像に映らないようにも気をつけるのですか?

「はい、血が映らないようにするのはまさに男優の役目です。どうしても膣内に入れる指や男性器に血がうっすらとついてしまいます。それが女優さんの太ももやお尻あたりに擦り付いてしまうので、それをいち早く自分で気づいて、ADにウエッティで拭き取ってもらいます。もちろん自分の体に血がついていないかも小まめにチェックします」

――男優の立場から見て、生理の時の女優さんへの現場の気遣いって、どうでしょうね?

「男優はもちろんスタッフ一同が気遣って挑んでますよ。撮影は出演者だけでなくスタッフも一丸となって進めるものですから、その主役である女優さんに安心して撮影に挑んでもらえることが大事です」

生理ナプキンのCMじゃないですが…AV撮影現場は、まさに“多い日でも安心!”なのです。

CONTACT/ENTRY

24時間365日対応中!