SOCIAL MEDIA POLICYソーシャルメディアポリシー

HOME >> ソーシャルメディアポリシー

ソーシャルメディアポリシー

以下は各種T-POWERSアカウントにおけるソーシャルメディアの公式ガイドラインです。
T-POWERS従業員およびT-POWERS事業と提携する関係者はひとりひとりがT-POWERSの持つ社会的意義や立場、影響力を正しく認識し、
ブログや掲示板、SNS、ツイッターなどのソーシャルメディアにおいて法を遵守し良識ある言動を行うことを定めます。
また、不適切な発言や投稿がなされた際の迅速な対応と解決を目指す指標として定めるものとします。

これらのガイドラインは社会の変化や新しいツールの出現などに従い、随時適切なものへと更新・変更されていきます。


ソーシャルメディア参加における基本原則と心構え

インターネットへ発信した情報は、あらゆる背景や事情を持つ不特定多数の利用者がアクセス可能であること、リンクや転送によって情報が拡散する可能性があること、いったん発信した情報は完全に削除することができないこと、また個人の言動や振る舞いが当社およびある一定の業界の評価となり得ることを理解し、相手の発言を傾聴する姿勢を持ち責任ある行動を心がけるものとします。

ソーシャルメディアに参加する場合は、以下のガイドラインの原則に従います。

・意味があり、他人を尊重する意見を投稿すること。
 スパム行為、主題からはずれた言動、人を傷つけるような書き込みは行わない。
・投稿する前に必ず一呼吸置いて考え直します。一方、返答が求められる場合は速やかな返答を心がけます。
・自らの専門分野を認識すると共に、一般的な常識と異なることでもユニークで個人的な見解を発信していきます。
・所有権情報や内容を尊重し、秘密を守ります。
・他のユーザーの意見に反論する場合は、適正なマナーを守り丁重に行います。

ソーシャルメディア利用に際して求められること

T-POWERS社員およびT-POWERSの業務に従事する従業者が、ビジネスプロジェクトにおいて、または自己表現の一環としてソーシャルメディアツールを利用することは公式に認められています。
これらのツールを使用する際、関係者の全員がインターネット上で発信する言動そのものがブランドを形作る影響力を持つことを十分に理解するとともに、その最終的な責任をT-POWERSブランドが負わなければならないことを認識することが重要です。

下記に記載する項目は、T-POWERSブランドおよび関連する企業活動について言及するすべての場合を対象として定めています。

【率直な態度で臨む】
ソーシャルメディア環境では、誠実さ、不誠実さはすぐに気付かれます。
ソーシャルメディアを利用して情報を発信する場合は、身元や役割・目的を明確にして発信することを心がけます。

【知っていることを書く】
自分の専門分野について投稿するようにしましょう。
未確認の知識や不確かな情報にもある一定の影響力が含まれることをよく認識し、投稿者の責任の範囲内でコミュニケーションを活性化させる言動が求められます。

【読者に敬意を払う】
目の前にいる人に話しかけるよう丁寧かつ配慮をもった投稿をしましょう。知識を誇示するような文章や端正すぎる言葉使いは避けるのが望ましいです。そして自由な形式で読者の意見を歓迎するようなコンテンツを発信しましょう。
喧嘩を仕掛けてはいけません。意見の相違を認め冷静な対処を心がけます。

【付加価値を意識する】
ソーシャルメディアに発信した情報を目にした人がそこに価値を見いだせる内容を提供しましょう。読者の知識やスキルを高めたり、ビジネスを発展させたり、問題を解決させたり、T-POWERSブランドの理解を深めるようなものも付加価値があると認められます。

【間違いをしたら】
間違いがあれば率直にみとめ、すぐに訂正をしましょう。SNS投稿には投稿した内容を修正・訂正できるものがあります。訂正を行った場合は、訂正したことを明記します。

【慎重に構える】
投稿に際して少しでもためらいを感じたら、一度投稿を控えてください。そしてその原因を特定し訂正をします。 自己裁量の範囲を超えているものだと感じた場合は上司や専門部署に相談し解決します。常に冷静で慎重に構え、発言の責任を確認することが求められます。

【ロゴや商標の使用】
許可なくT-POWERSロゴや商標を使用することは認められていません。T-POWERSおよびT-POWERSブランド名(契約上の独自名義も含まれる)の使用についても同様です。

最終更新日:2014年6月