夫のいない数日間、夫の部下に抱かれ続けた記録。

夫に連れられてきたその人は、私の手料理を口いっぱいに頬張り、どこか寂しそうな笑顔で時折遠くを見つめていた。そんな仕草が私の心を狂わせたのかもしれない。愛する夫と暮らす家の中で、夫の部下に抱かれている私。いけない事だと分かっていても…罪の意識が次第に薄れていった…。